スポンサーリンク

こんにちは、たいこです!

今年も新しく合気道入門者がありました。
特にお子さんが多いですね。

合気道やってると、よくこんな質問されます。
「うちの子に合気道習わせたいけど、どうなの?」

自分が習うんとちゃうんか~~い!
とは思いましたが質問内容も確かにそうだと思います。

子どもが合気道を習う「メリット・デメリット」
を纏めてみました。

熊本で合気道を教えてくれる道場(教室)については以下の記事をご覧ください。

このような方にオススメ
子どもに合気道はどう効果があるのかな?と疑問の方
子どもが習っているけど楽しんでるのか?疑問の方

子どもが合気道を習うデメリット

先ずはデメリット面から説明していきます。

合気道は「解りにくい!」
と大人の私でさえそう思います。

合気道は「試合」をしません。(流派による)
他の武道みたいに練習して試合に勝って強くなった!
という実感がありません。

稽古中は常に相手と組んで型稽古します。
合気道は力を入れて技をかけません。
逆に「力を抜いて」相手を崩します。

この「力を抜いて技をかける」感覚を掴むのが難しい。
実際にかかっても、「え?ほんとに?」
と思うくらい実感がありません。

子どもたちは先生の真似して動いています。
けれども技が何故かかるのか?
その意味は理解出来ないでしょう。

ですが、子どもゆえかとても素直なのです。
素直はとても大切なことで、成長するためには素直さが欠かせません。

だから子どものうちは技の原理は理解できなくても、
素直な心を持って稽古に励み、礼儀を身に着けてもらうのが大切になるのです。

そういう意味ではメリットとも言えますね。

子どもが合気道を習うメリット

メリットですが大きく3つあると思います。
加えて各道場(教室)の先生の想いもあると思います。

メリット① 心が成長し明るくなれる

私の道場で多いのですが、入門するお子さんは大人しい子が多いです。
最初は親の後ろに隠れたり、一人で隅っこにいたり。

ですが稽古回数を積んでいくといつの間にか他の子どもたちと仲良くなってます。
しかも、道場内を縦横無尽に走り回ったり、年下の子をリードしたり。
人と心の触れ合いが成長させるんだなぁ、と思います。

不登校の子も、いつの間にか彼女作って学校生活満喫したりもしてましたね。
おいらより先に彼女作るなんて~~💦

お子さんの心の成長のきっかけを与えてくれるのが合気道です。

メリット② ケガをしにくい

親御さんが心配される「ケガ」についてです。

合気道は「試合」がありません。
ずっと型稽古と呼ばれる練習をひたすら続けます。
そして「受け身」を徹底して教えます。

だから変な転び方をして手足を痛めたり、
頭を打ったりなどは殆どありません。

かと言って絶対ケガしない、とは言い切れません。
習いたてのうちは、ちょっと膝を擦ったり、切り傷があったりするかもしれません。
そのくらいでも不安だと思われるのでしたら、一度稽古を見学されることをオススメします。

メリット③ 礼儀作法が身に着く

武道は礼に始まり礼に終わる。

合気道は、常に誰かと対になって稽古します。
相手の子が何か困っている、悩んでいる。
そんな相手の状況を理解して導いてあげる優しさが身についてきます。

また、稽古前後に
・額の設置(合気道の精神など)
・道場の掃除
・先生とその他の会員の人への挨拶
・後片付け

があります。
掃除するときも周囲に合わせて丁寧にやっていきます。
大人しい子も、元気な挨拶が出来るようになります。
物を大切に扱うようになれます。

このように、まずは人としての大切な心構えを身に着けることが出来ます。
技のかけ方などは、その後で良いのです。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

子どもにとって合気道はプラスになることばかりです!
もちろん大人にとってもです。

そうそう、大事なことを一つ。
お子さんに習わせるのは良いのですが、
「本人の意思」を確認してくださいね。
嫌々やらされるのは一番苦痛ですから。

道場(教室)では、成人とは別に幼年部みたいにクラス分けしている場合が多いです。
是非一度、見学されてみてください。

一緒に合気道を楽しみましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事