スポンサーリンク


合気道を学んでみたい!
子どもの教育にも良さそう!
初心者だけど大丈夫かな?

そう考えている方も多いかと思います。
でも、「どこに行ったらいいか分からない!
どこがいいのか分からない!」とお考えではないでしょうか?

Googleで検索しても各教室のサイトは出てくるけど、まとめたサイトがない。
ならばと思い、今回熊本県の主な合気道道場をまとめた記事を書いてみることにしました。
お役に立てればこんなにうれしいことはありません。

合気道って何??? 空手とか柔道とどう違うの??
そういう場合は↓↓↓の動画をご覧ください。


合気道はこのような動きを練習(稽古)していきます。

もう既に行きたい道場(教室)は決まってるよ!
と言う方はこちらの記事を参考にしてください。

 

熊本県で合気道の道場(教室)はどこにあるの?

そもそも探すのが大変です。
そこで主な道場(教室)をマップ化してみました。

まだまだ全ての道場(教室)を載せきれていません。
私の調査不足で掲載されていない道場(教室)もあるかもしれません。
その時はお詫び申し上げ、至急対応いたします。

やはり熊本市内が多いですね。
特に「熊本市総合体育館」が複数の団体が活動されているので探しやすいかもしれません。
熊本市総合体育館で稽古(練習)されている道場(教室)の一覧を作成してみました。「
道場(教室)名称をクリックすると各ウェブサイトへ別ウィンドウで開きます。

熊本市総合体育館で稽古(練習)を行っている道場(教室)の一覧
合氣道豊心館
合気道愛真館
合気道誠錬会
一般社団法人 合氣道 ひの心
尚武館合気道
合気道祥平塾熊本道場
合氣道真生会

他にも稽古(練習)してる道場(教室)あるよ!
等の漏れがありましたらご指摘くださると、即時対応いたします。

また、県北(山鹿、植木)とか、天草や八代や阿蘇にもあるみたいです。
こんなにたくさん道場(教室)があるとはびっくりです!

道場(教室)を探す時のポイントについて

では実際に自分自身に合った熊本県内の道場(教室)を探すポイントについて書いてみます。
殆どの方は仕事をされていると思います。

そうなると大事なのが、「道場(教室)から近い」ことでしょう。
平日は職場帰りで、休日は自宅から近いところがいいはずです。

また、「うちの子に習わせてみたい。」「うちの子がやってみたいと言ってる」ならば、
「幼年部」を対象にした教え方をされている道場(教室)を当ってみるのがいいと思います。
これについても見てすぐにわかる一覧表を作成予定です。

また「稽古の時間帯」も大事ですね。
様々な道場(教室)は夜の19時から21時くらいが多いと思います。
もちろん午前中や日中に稽古されている道場もあります。

これも各道場(教室)WEBサイトか、直接問い合わせてみてください。

後はWebサイトが充実してて、且つ動画の紹介もあるといいですね。
先生と指導員の紹介があると安心して見学に行きやすいですしね。

またGoogleMapに登録されていない道場(教室)もあります
本記事ではそういった道場(教室)もMAP上に載せています。

見学の方法について

この熊本県の合気道MAPで、ご自宅から近い道場(教室)は見つかりましたでしょうか?
であれば、是非見学に行ってみてください。
どうやって?

    1. 電話で申し込み
    2. Webサイトのメールフォーム

以上の2つがあります。

私の場合、メールフォームに見学と合気道を始めたい旨を書いて送信したら、すぐに返信が来ました。

また、稽古とは別に「初心者向けの講習会」というのをされている道場(教室)もあるので要チェックです。
合気道セミナーというのも開催されている道場(教室)もあるみたいです。

とにかく見学は非常に歓迎されます^^

見学に道具は何が必要なの?

さあ見学も申し込んだだけど、何を持っていけば(どんな格好をすれば)いいんだ???
ここで必要な物を挙げてみましょう。

ジャージ!

普段スポーツする動きやすい格好で大丈夫です。
ここで注意したいのは、ハーフパンツみたいなスタイルはNGです。
長いパンツで行きましょう。
理由は、膝行と言う正座した状態で動く練習をするからです。

だから膝が露出している状態で座り技をすると、膝がすれて痛くてたまりません。

タオル!

合気道の稽古中も汗はたくさんかきます。
また、稽古(練習)は相手の腕を掴むことが多いので汗ビッショリだと相手に不快な思いをさせてしまいます。
だから稽古(練習)中は懐にタオルを入れて、常に汗を拭くようにしています。

だからエチケットとしてタオルは絶対必要です。

水!

運動には欠かせません。熱中症には気を付けましょう。
基本的には水がベストです。
スポーツドリンクは水で倍に薄めるくらいがいいらしいです。
昔、フィットネスのインストラクターが言ってました。

初めての道場(教室)見学に行ってみよう!

さて実際見学に行ってみたものの、中々入りづらい感じはすると思います。
厳しい人たちばかりじゃないのかな💦

私も初日のことをよく覚えています。

入り口からそ~~っと中を伺っていたら、先生が(*^▽^*)ニコニコで迎えてくださいました。
「やぁ~、待っとったよ~!」ってそのまま道場内に案内されました。

そして皆さんがどんどん挨拶してくださって、10分ほどどういう事をするのか雑談交じりに教えてくれました。

そして、目の前で連続して相手を投げる技を見せてくれたり、実際に簡単な技を体験させてもらえました。

私も見学行ってくる!
そういった体験を面白いと感じていただければ、是非入門して頂けると嬉しいです。
もちろん考えて後日ってのも大丈夫です。

ちなみに私は、初日にTシャツにジーパンで参加しましたアホデス。
スポーツしやすい服装で行きましょうね^^;

今では先生や諸先輩方と仲良くさせて頂いております。

入会方法については各々の道場(教室)にお問い合わせください。

入門後に必要な道具は?

次に入門後に必要な道具についてです。

まず詳しいことは以下の記事にまとめていますのでそちらを参考になさってください。

ここでは必要な道具の種類を簡単に説明することにします。

道着はどこでどんなものを買えばいいんですか?

まず、道着ですが、合気道着がありますが「柔道着」でも大丈夫です。
私は柔道着を使用しています。

次に!これに憧れた人もいるのではないでしょうか?
道場(教室)によってはある程度の階級にならないと履いてはいけないというルールもあるらしいです。
袴も合気道用もありますが、剣道用でも大丈夫です。
私は熊本市内の「源武堂」という主に剣道具を扱われてる武道具店で剣道用袴を購入しました。
↓こちらのオンラインショップサイトからも購入できます。私は直接伺って購入しました。

そして大事な膝サポーター!
先ほども説明しました「膝行」という動作がありまして、正座した状態で技をかける動作があります。
これが膝をずりずりするのでサポーターがないと痛いです。着けることをオススメします。
サポータの種類はスポーツ店で売ってあるバレーボール用の物で大丈夫です。

【バレーボール サポーターケア商品 ミズノ】 膝サポーター/ユニセックス(V2MY8021)
created by Rinker
ただ私は足が太いので格闘技用のサポーターを使っています。。。

最後に「武器」ですが「木剣」「杖」「短剣」がありますが、最初は必要ありません。
慣れてきてからで充分なのでここでは省きます。

月謝や諸経費はどのくらいかかるのだろう?

もう一つ大事なことがありました。

月謝です!

これについては各道場(教室)のWebサイトに掲載されています。
大体、月3000円~6000円くらいかと思います。

特に良く質問されるのですが、
月に3000円とは、回数制なの? 何回通ってもいいの?」 というもの。

ほとんどの道場(教室)が月@@@円で何日通うが一緒です。
それでも不安であれば直接問い合わせてみてください。

私の通ってる道場は月1日だろうが30日通うが3000円と変わりません。

また、その他の経費についてです。

スポーツ保険

スポーツ全般どこでもこれは入っているはずです。
年に1回1850円くらいです。

昇級、昇段允可料

級や段が上がると允可料というのを納めます。
初めて武道を始める人には「え?!そうなの?!」と思われるかもしれません。
これも各道場(教室)によって允可料が異なります。
私の道場は5級が5000円でした。

道具の買い替え

道着やサポータも使い込むうちに破れて来ますから、都度お金はかかります。
あとスポーツバッグや、武器などもあります。
武器はピンキリなので数千円位から数万円するものまであります。

合宿などの遠征費
道場(教室)によっては合宿を行っている所もあります。
泊まり込みだったり、日帰りだったり。

そこで県外に行く場合や、ホテルの宿泊費も必要となります。

まとめ

このブログを最後まで読んでくださってありがとうございます。
今回は、これから熊本で合気道を始めたい方向けに、入門までのチュートリアル的な記事をまとめてみました。

最初は合気道の独特の雰囲気に戸惑うかもしれません。
でもこの不思議で理路整然としていて、且つ稽古していて楽しいのが合気道なのです。

戦うことはしない。
合気道に試合はありません。
力を必要としないから、小さなお子さんや女性にもオススメです。

私は合気道始めて5年目に入りますが、まだまだ毎回楽しい「気づき」を教えていただいています。

熊本で合気道の仲間が増えたらどんどん楽しくなっていきそうですよね~!

たいこでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事